top of page

猫トイレ

今日は休日なので、カフェの猫たちの爪切りをしました。

でも、梁の上に登って捕まらなくてできないのが数匹いるのですよねぇ。

困ったな、どうしよう。。。。


僕は30年以上ずっとおからの猫砂を使っていました。

何となくエコ(廃材利用?)な感じがするし、オシッコ臭があまりしないようにも思えたので。けれど、使っていると塊にならなかった飛び散ったオシッコが徐々に匂うようになるのですね、まぁ当然ですが。で、時々総とっかえをする。

飼っている頭数が少ないとそれで良かったのですが、20匹を超えると猫がオシッコをしてもすぐには塊の除去ができなくなりました。

そこで、システムトイレに変更してみました。トイレが2重になっていて、上段は吸収しない砂でオシッコは下段のペットシートに吸収されます。1匹の猫だと、1~2週間はシートの交換はしなくて良いです。

使う前は、そうは言っても匂わない筈ないでしょ、と思っていたのですが、これが本当に匂わない。

もっとも、うちの場合は多頭飼育なので、シートの交換はしょっちゅうしています。専用のシートは高価なので、業務用の安くて薄いシートを一日に何度も取り換えています。

多頭飼育では難しいけれど、オシッコがそのまま下段に落ちるので、膀胱炎の診断も簡単と云う利点もあります。

トータルのコストはどちらが安いか微妙だけれど(と言うか、うちでは変数が多くて計算できない)、システムトイレはお勧めですよ。



先日、深木章子のデビュウ作の文庫本をブックオフで110円で見つけたので購入。今日するべきことは取り合えず終わったので、これから読もうかな。この人の作品は図書館で数冊借りて読んだけれど、凄く僕好みでした。

知らなかったけれど、島田荘司氏が創設した福山ミステリー新人賞の受賞作だったのね。島田荘司も好きだし、前回の受賞作は四日市市出身の作家だった筈。それもいつか読むのが楽しみです。

そういえば、四日市市出身(しかも、卒業高校が同じ)の伊吹有喜氏の「犬がいた季節」。2冊も持っている(なんで?w)のに、読んでいないなぁ。

自分の母校が舞台なので、読むと泣けてきそうで、なかなか読む勇気が出ません(笑)。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アゲハ蝶の卵

梅雨入りですね。庭の樹々や花は喜んでいるようにも見えますが、鬱陶しいのは確かです。 最近みかんの木を購入しました。50cm程の若い木で、鉢植えにしてあります。 別にみかんが好きなわけでもないのですが(基本的に果物は好きではないです)、アゲハ蝶が好んで卵を産み付けるので育ててみようかな、と。このあたりでも時々アゲハ蝶を見かけるのですが、卵を産んでいくほど居るのかなぁ。まぁ、産んでいってくれればラッキ

おこめくん

28日からトライアルに出かけることになりました。 凄く人が好きな子ですし、先住猫がいないお宅なので、そのまま帰って来ないことを期待します。 新入りの博士くんはケージから出て室内を自由にしていますが、今の処梁の上に居ることが多いようです。この子も気の良い子なので、すぐにこの雰囲気に慣れてくれるでしょう。 ここの処、猫に手を噛まれることが多くて、特に昨日は診察中に左手の親指を酷く噛まれました。腫れてい

森本くん、博士くん

おこめくんと森本くんが来て、早1か月。 おこめくんはトライアルのお声が掛かり、近々トライアルに出かけます。 一方、森本くんは随分場所に慣れて下に降りて他の猫と交わるようになったものの、なかなか我々には慣れてくれず・・・・。 軽く撫でたりはできるのですが、しばらくするとカプッと指を噛みに来る。僕も含めスタッフ3人ともやられました(涙)。 うちの猫にするのならもっと時間をかけて慣らせるとは思うのですが

Comments


bottom of page