top of page

多頭飼育

先々週の研修のテーマが多頭飼育崩壊でしたが、一年に1回くらいの割合でそう云う現場の猫の手術をします。気が付かないだけで、結構多いと思います。

既に自分で何とかできるレヴェルは超えているのに、誰にSOSを出せば良いのか判らないのですよね。保健所に知られると、連れていかれて殺処分になると思い込んでいる。頑なになって話を聞いてくれない。


最近、ここから比較的近い場所で多頭飼育崩壊が発覚したとのことで、手術依頼がきました。30~40匹だそうです。

飼い猫なのですが、普通の手術料金を負担できるわけもなく(そもそも数匹の時点で手術できなかったわけで)、ことは急を要しますし、TNR価格から更に下げたヴォランティア価格で手術をします。

飼い主様の金銭的負担は、ほぼゼロといった感じでしょうか。ちょっと腑に落ちないところがないでもないですが、まぁ、そんなことを言っていたら状況はどんどん悪化するわけで。でもって、人も猫も、周りも不幸になりますからね。

昨日3匹手術をして、今週後半から順次していきます。


これを読んでいて、多頭飼育崩壊が疑われる現場をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

展覧会あれこれ

昨日いらしたお客様が現在岐阜市で開催されている、リサ・ラーソン展に行って来られたとのこと。前回来ていただいた時にリサ・ラーソンの話をして、それで興味を持たれたそうです。嬉しいですね。 岐阜県現代陶芸美術館 (cpm-gifu.jp) 僕が先日観てきた信楽での展覧会と微妙に違うようですし、過去に観たことのある作品をもう一度観るのも、懐かしい友人に会ったようで楽しいですよね。 ここには5~6回は行った

ゆうとくん、かいとくん

先週末からケージを出て、部屋を自由にさせています。 大抵の子は、人が居る時は梁の高い所から数日から1週間降りて来ないのですが、この2匹は抵抗なく床で寛いでいます。お客様にもすぐに甘えていったし、すぐに場慣れするタイプかな。 ただ、ちょっと歳がいっている(3.5歳と4.5歳)のと、あんまり可愛くないのですよねぇ(-_-;) まぁでも、ご縁があって猫の森に来たのだからのんびりと過ごしてください。 先日

暑いですね

雨が止んでから急に暑くなりましたね。今日は災害級の暑さだとか。草むしりをしようと思ったけれど、諦めました(-_-;) 皆さまも熱中症にならないようご注意ください。 猫たちはエアコンの効いた部屋でのんびりと過ごしています。 新入りのゆうとくんとかいとくんは随分慣れてきましたが、今まで劣悪な環境で飼われていたとのことで、まだしばらくはケージの中にいます。そろそろ出してあげたいけれど、焦りは禁物かな。

Comments


bottom of page