top of page

ゴルビー

最近(数か月経つかも)、猫の森の敷地内に頻繁に現れる猫が居ます。

しかも、3匹も。

グレーの雄猫、性別不明の白猫、でっかい(多分)雄猫。

一番最初にグレーが来始めたので、その時点で「ゴルビー」という名前を付けました。


グレーと白は、ほぼ毎日。というか、朝6時半に起きて外に出ると待っていて朝ご飯を催促してくる。朝だけでなく、昼間も催促したり、目につくところで日向ぼっこをしていたり。

グレーは確実に未去勢なので、この年末年始の休みの間に捕まえて手術をしようかな。白猫も捕まえられそうな気がする。


グレーはこの前缶詰の餌をあげたら急に懐いてきて、僕の顔を見ると鳴いてくるし、今や食べている最中に背中や頭を撫でても怒らなくなりました。

結構可愛い。

手術時に血液検査をして、猫エイズと猫白血病に罹患していなかったら、家に入れる?

いやしかし、つい先日三毛猫が増えたばかりだし・・・・。

雄猫だとダリ(うちの雄猫)と上手くいくとは限らないし・・・・。

滅茶苦茶馴れたら、特例で猫の森に入れて里親さんを探せるかなぁ・・・・。


かれこれ1か月くらい悩んでいるのだけれど、全然結論が出ません(苦笑)。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アゲハ蝶の卵

梅雨入りですね。庭の樹々や花は喜んでいるようにも見えますが、鬱陶しいのは確かです。 最近みかんの木を購入しました。50cm程の若い木で、鉢植えにしてあります。 別にみかんが好きなわけでもないのですが(基本的に果物は好きではないです)、アゲハ蝶が好んで卵を産み付けるので育ててみようかな、と。このあたりでも時々アゲハ蝶を見かけるのですが、卵を産んでいくほど居るのかなぁ。まぁ、産んでいってくれればラッキ

おこめくん

28日からトライアルに出かけることになりました。 凄く人が好きな子ですし、先住猫がいないお宅なので、そのまま帰って来ないことを期待します。 新入りの博士くんはケージから出て室内を自由にしていますが、今の処梁の上に居ることが多いようです。この子も気の良い子なので、すぐにこの雰囲気に慣れてくれるでしょう。 ここの処、猫に手を噛まれることが多くて、特に昨日は診察中に左手の親指を酷く噛まれました。腫れてい

森本くん、博士くん

おこめくんと森本くんが来て、早1か月。 おこめくんはトライアルのお声が掛かり、近々トライアルに出かけます。 一方、森本くんは随分場所に慣れて下に降りて他の猫と交わるようになったものの、なかなか我々には慣れてくれず・・・・。 軽く撫でたりはできるのですが、しばらくするとカプッと指を噛みに来る。僕も含めスタッフ3人ともやられました(涙)。 うちの猫にするのならもっと時間をかけて慣らせるとは思うのですが

Comments


bottom of page