top of page

薬が品薄な話

コロナ禍以降、いろいろな薬が品薄となっています。

世界的に薬の需要が高まっているせいでしょうか。そこにプラス戦争などで輸送に支障がおきたりしましたし。そうなると、どうしても動物薬は後回しになります。

まぁ、仕方がないと言えば仕方がない。


僕は不妊手術専門なのでそれ程多くの種類の薬を使いませんが、一般の動物病院(勿論、人間の病院も)は大変なようです。

うちの場合、数年前にノミ・ダニ駆除薬が入り難くなりました。現在はかなり回復しましたが、この数か月はワクチンが割当制です。

そして、昨日吸入麻酔薬が品薄になりつつあるとディーラーさんから聞きました。

これは大いに困る。

大急ぎで1本注文しました。これで半年は大丈夫かな。


僕は麻酔は基本的に2種類使います。

一つは前出の吸入麻酔薬、もう一つは注射する麻薬指定の薬。

この麻薬指定の薬を使うに当たっては、いろいろな規制が掛かるので面倒なことこの上ない。

僕の場合は1回当たりは少量ですが、頭数が多いので、麻薬帳簿を作るのも手間。毎年使用量を報告しなければならないし、麻薬免許も毎年更新で、2年に一度は医者の診察を受けて麻薬中毒ではない旨(笑)の診断書を提出しなければならない。

麻薬指定でない麻酔薬もあるのでそちらを使えば手間が省けるのだけれど、もう30年以上使い慣れているので、今更変えられない(麻薬指定になったのが10数年前)。


ある報告によると、麻酔事故は1000件に1件の割合で起こるそうです。

滅茶苦茶高い確率。。。。

僕は年間500件くらい手術をしているのですが、この10年間で1件ありました。

TNR(野良猫)で、健康状態を確認できずに注射をしたら亡くなってしまった。申し訳なかった。あとで確認したら、物凄く痩せていて、老齢(歯の状態から)の猫だった。

野良猫を数多く手術していてこの成績なので、良い麻酔薬なのでしょう。

これが手に入らなくなると困るな。。。。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アゲハ蝶の卵

梅雨入りですね。庭の樹々や花は喜んでいるようにも見えますが、鬱陶しいのは確かです。 最近みかんの木を購入しました。50cm程の若い木で、鉢植えにしてあります。 別にみかんが好きなわけでもないのですが(基本的に果物は好きではないです)、アゲハ蝶が好んで卵を産み付けるので育ててみようかな、と。このあたりでも時々アゲハ蝶を見かけるのですが、卵を産んでいくほど居るのかなぁ。まぁ、産んでいってくれればラッキ

おこめくん

28日からトライアルに出かけることになりました。 凄く人が好きな子ですし、先住猫がいないお宅なので、そのまま帰って来ないことを期待します。 新入りの博士くんはケージから出て室内を自由にしていますが、今の処梁の上に居ることが多いようです。この子も気の良い子なので、すぐにこの雰囲気に慣れてくれるでしょう。 ここの処、猫に手を噛まれることが多くて、特に昨日は診察中に左手の親指を酷く噛まれました。腫れてい

森本くん、博士くん

おこめくんと森本くんが来て、早1か月。 おこめくんはトライアルのお声が掛かり、近々トライアルに出かけます。 一方、森本くんは随分場所に慣れて下に降りて他の猫と交わるようになったものの、なかなか我々には慣れてくれず・・・・。 軽く撫でたりはできるのですが、しばらくするとカプッと指を噛みに来る。僕も含めスタッフ3人ともやられました(涙)。 うちの猫にするのならもっと時間をかけて慣らせるとは思うのですが

留言


bottom of page