top of page

薬が品薄な話

コロナ禍以降、いろいろな薬が品薄となっています。

世界的に薬の需要が高まっているせいでしょうか。そこにプラス戦争などで輸送に支障がおきたりしましたし。そうなると、どうしても動物薬は後回しになります。

まぁ、仕方がないと言えば仕方がない。


僕は不妊手術専門なのでそれ程多くの種類の薬を使いませんが、一般の動物病院(勿論、人間の病院も)は大変なようです。

うちの場合、数年前にノミ・ダニ駆除薬が入り難くなりました。現在はかなり回復しましたが、この数か月はワクチンが割当制です。

そして、昨日吸入麻酔薬が品薄になりつつあるとディーラーさんから聞きました。

これは大いに困る。

大急ぎで1本注文しました。これで半年は大丈夫かな。


僕は麻酔は基本的に2種類使います。

一つは前出の吸入麻酔薬、もう一つは注射する麻薬指定の薬。

この麻薬指定の薬を使うに当たっては、いろいろな規制が掛かるので面倒なことこの上ない。

僕の場合は1回当たりは少量ですが、頭数が多いので、麻薬帳簿を作るのも手間。毎年使用量を報告しなければならないし、麻薬免許も毎年更新で、2年に一度は医者の診察を受けて麻薬中毒ではない旨(笑)の診断書を提出しなければならない。

麻薬指定でない麻酔薬もあるのでそちらを使えば手間が省けるのだけれど、もう30年以上使い慣れているので、今更変えられない(麻薬指定になったのが10数年前)。


ある報告によると、麻酔事故は1000件に1件の割合で起こるそうです。

滅茶苦茶高い確率。。。。

僕は年間500件くらい手術をしているのですが、この10年間で1件ありました。

TNR(野良猫)で、健康状態を確認できずに注射をしたら亡くなってしまった。申し訳なかった。あとで確認したら、物凄く痩せていて、老齢(歯の状態から)の猫だった。

野良猫を数多く手術していてこの成績なので、良い麻酔薬なのでしょう。

これが手に入らなくなると困るな。。。。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

四日市市立博物館

今日はコマ動物病院の院長が超音波画像診断の研修で埼玉県に行っているので、病院は休診。 2週間以上糖尿病で入院していた猫さんも昨日退院したので、雑用以外はすることもなかった。とはいえ、雑用で午前中は潰れたし、結局TNRが1件入りました。あー、それから雑用をしていたら、簡単な診察が3件ありました。結局、あんまり休めていない(笑)。 まぁそれでも身体が空いたので、久し振りに四日市市立博物館の「昭和のくら

三笠くん、にゃおんくん

2月が終了です。今年は一日多いので、自営業の僕は何だか得をした気分ですが、サラリーマンの方は逆の感想になるのでしょうか。 うるう年ですが、オリンピックはあまり興味がないですねぇ。東京オリンピックには意地でも興味を持ってやるもんかと思っていましたが(笑)、歳を取るにつれてスポーツ観戦(する方も)に興味がなくなってきました。多少の興味があるのは、F1の角田選手、MLBの大谷選手とNFLダラス・カウボー

メジロ

今朝家を出たら、隣家の人から「鳥が死んでいるから何とかしたって」と言われました。 見ると互いの家を挟む道路に鳥が倒れている。 で、触ると生きているんですよ。さて、どうしたものか。 野鳥(後で確認したらメジロでした。初めて近くで見た)なので、本当は保護はできない。一時的な治療目的なら良いのだろうけれど、野鳥の治療は難しいです。実際、したことがない。 しかも、うちは何処に行っても猫だらけなので、保護す

bottom of page