top of page

四日市わんにゃん会議

四日市市とその近郊の市町村の動物ボランティアさんの意見を取りまとめて、四日市市長に提言する四日市わんにゃん会議と云う団体があります。団体・個人合わせて30人ほどの会員がいて、2か月に1回の定例会を行っています。


私はそこの代表をしているのですが、昨日市役所で1年1回の市長への要望書を渡す会議がありました。

今年の要望としては

1.市として地域猫活動を推進していることを公にして欲しい

2.市として独自に動物愛護推進員を任命して欲しい

3.ペットが一緒に過ごせる避難所を作って欲しい

4.市の動物愛護センターの設立の為の具体的な会議を作って欲しい

というものです。


市長に要望書を渡す会議は、もう6~7年は続いています。

今年度から飼い主のいない猫の不妊手術の補助金が大幅に上がったのは、わんにゃん会議が四日市市に何度も訴えてきたからだと自負しています。

今回も1.と2.に関しては動きがありそうです。

3.4.はもう数年訴えていることなのですが、なかなか動きが鈍いです。

森市長はペットにあまり関心も知識もなかったのですが、ここ2~3年ようやく関心を持って話を聞いてくれるようになりました。愛護センターに関しては、森市長の任期中に何とかしたいですね。


中日新聞、CTY、you四日市が市長要望の取材に来てくださいました。

中日新聞は今朝の朝刊の北勢版に記事を載せていただいています。

CTYは9月14日(木)の地域のニュース(午後6時~、午後9時~、深夜0時~)で取り上げていただきます。

今回の会議では、私はあまり発言していませんが、よろければご覧ください。


猫の森のことも記者さんたちに話してきましたので、そのうちに取り上げていただけるかも、です。



閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

展覧会あれこれ

昨日いらしたお客様が現在岐阜市で開催されている、リサ・ラーソン展に行って来られたとのこと。前回来ていただいた時にリサ・ラーソンの話をして、それで興味を持たれたそうです。嬉しいですね。 岐阜県現代陶芸美術館 (cpm-gifu.jp) 僕が先日観てきた信楽での展覧会と微妙に違うようですし、過去に観たことのある作品をもう一度観るのも、懐かしい友人に会ったようで楽しいですよね。 ここには5~6回は行った

ゆうとくん、かいとくん

先週末からケージを出て、部屋を自由にさせています。 大抵の子は、人が居る時は梁の高い所から数日から1週間降りて来ないのですが、この2匹は抵抗なく床で寛いでいます。お客様にもすぐに甘えていったし、すぐに場慣れするタイプかな。 ただ、ちょっと歳がいっている(3.5歳と4.5歳)のと、あんまり可愛くないのですよねぇ(-_-;) まぁでも、ご縁があって猫の森に来たのだからのんびりと過ごしてください。 先日

暑いですね

雨が止んでから急に暑くなりましたね。今日は災害級の暑さだとか。草むしりをしようと思ったけれど、諦めました(-_-;) 皆さまも熱中症にならないようご注意ください。 猫たちはエアコンの効いた部屋でのんびりと過ごしています。 新入りのゆうとくんとかいとくんは随分慣れてきましたが、今まで劣悪な環境で飼われていたとのことで、まだしばらくはケージの中にいます。そろそろ出してあげたいけれど、焦りは禁物かな。

Comments


bottom of page