top of page

三泗開業獣医師会

昨日は三泗開業獣医師会の新年会でした。

公の日本獣医師会(三重県獣医師会)とは無関係な任意の親睦団体です。

一応、僕が会長をしています。決して人望があるわけではなく、一番ヒマそうだからなのですが(笑)。


三泗地区で17の動物病院が参加しています。参加していないのが6病院かな。

四日市市の動物病院は結構仲が良いと思います。自分で手に負えない症例や治療に必要な器具機械を持っていない場合は、それが得意な病院を紹介したりします。紹介された方も、ある程度の目途が立つと元の病院に戻しますしね。

他地区では患者さんの奪い合いをしたりと云う話を聞きますが、この地区では聞かないように思います。それというのも、こんな風にたまに顔を合わせて話をしたりするからかなぁ、と。


昨日も病気(仕事)の話は殆どなく、大半が世間話でした。50~60代の先生が多いので、自分たちの健康の話とか。

そろそろ引退を考えている先生もいたりしますが(僕もその一人)、新規に動物病院を始めるのはなかなか大変でしょうね。僕が開業した30数年前は割と気軽に始めていましたが、今は初期投資(診断の為の機械)が高額だし、開業してからの人件費もかなりかかります。

飼い犬の頭数がどんどん減っているのも懸念材料です。

僕たち世代が引退する頃には獣医師業界も様変わりしているかも。


四日市市の開業獣医師で一番若い先生が39歳で、次が45歳。決して若くはないですね。

39歳の先生に、じじい抜きで自分たち世代の獣医師(勤務医を含めて)の会合を作ったらどうかと提案しましたが、さてさてどうなりますやら。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

四日市市立博物館

今日はコマ動物病院の院長が超音波画像診断の研修で埼玉県に行っているので、病院は休診。 2週間以上糖尿病で入院していた猫さんも昨日退院したので、雑用以外はすることもなかった。とはいえ、雑用で午前中は潰れたし、結局TNRが1件入りました。あー、それから雑用をしていたら、簡単な診察が3件ありました。結局、あんまり休めていない(笑)。 まぁそれでも身体が空いたので、久し振りに四日市市立博物館の「昭和のくら

三笠くん、にゃおんくん

2月が終了です。今年は一日多いので、自営業の僕は何だか得をした気分ですが、サラリーマンの方は逆の感想になるのでしょうか。 うるう年ですが、オリンピックはあまり興味がないですねぇ。東京オリンピックには意地でも興味を持ってやるもんかと思っていましたが(笑)、歳を取るにつれてスポーツ観戦(する方も)に興味がなくなってきました。多少の興味があるのは、F1の角田選手、MLBの大谷選手とNFLダラス・カウボー

メジロ

今朝家を出たら、隣家の人から「鳥が死んでいるから何とかしたって」と言われました。 見ると互いの家を挟む道路に鳥が倒れている。 で、触ると生きているんですよ。さて、どうしたものか。 野鳥(後で確認したらメジロでした。初めて近くで見た)なので、本当は保護はできない。一時的な治療目的なら良いのだろうけれど、野鳥の治療は難しいです。実際、したことがない。 しかも、うちは何処に行っても猫だらけなので、保護す

bottom of page