top of page

あけましておめでとうございます

皆さま、年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

能登半島で大地震と云うニュースがあって、驚いています。

徐々に状況が明らかになるにつれて、被害の大きさに言葉もありません。



僕はといえば、病院の8畳の物置を片付けた以外は特に何をするわけでもなく、休日が過ぎていきます。

片付けと言っても、物置に詰め込んであった本と絵画をごっそり他の部屋に移しただけですが。それでも相当の紙類を再生用の置き場に捨てに行きました。今後読まないであろう参考書とか学術書とか、クルマで3往復くらい減らしました。

ところが、正月といえば毎年ブックオフが本が20%オフになるセールをします。

で、買ってしまうわけですね。それでも、昨年から収納場所を減らしているので、今までなら買っていた作家の本も涙を飲んで見送りしました。

厳選して購入したのは、北村薫を2冊と三津田信三を2冊。

北村薫は20年くらい前から好きで20冊以上持っているのですが、持っていない本が売っていた。読んだ記憶はあるのですが、内容は朧にしか覚えていないなぁ。

三津田信三は今一番好きな作家です。昭和30~40年代を舞台にしたシリーズが最高に面白い。ひと頃、京極夏彦を読み漁っていたのですが、時代背景は同じ頃ですね。

あと、四日市の昭和と題された滅茶苦茶分厚い写真集。これは定価が1万円だったものを1000円台で購入しました。ラッキィ。僕は昭和36年の生まれなのですが、その頃の四日市の写真や情報が満載です。

段々と新しいものに興味が湧かなくなり、懐古的なものばかり追い求めるようになっています。

そういえば、30代で建てた病院(現コマ動物病院)は安藤忠雄ばりのコンクリート打ちっ放しだったのが、50代では木造建築になり、60代では土壁と漆喰になりましたからねぇ。土壁と漆喰、綺麗に住むには気を使いますが、気に入っています。


最後になりましたが、本年もよろしくお願いいたします。



閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

四日市市立博物館

今日はコマ動物病院の院長が超音波画像診断の研修で埼玉県に行っているので、病院は休診。 2週間以上糖尿病で入院していた猫さんも昨日退院したので、雑用以外はすることもなかった。とはいえ、雑用で午前中は潰れたし、結局TNRが1件入りました。あー、それから雑用をしていたら、簡単な診察が3件ありました。結局、あんまり休めていない(笑)。 まぁそれでも身体が空いたので、久し振りに四日市市立博物館の「昭和のくら

三笠くん、にゃおんくん

2月が終了です。今年は一日多いので、自営業の僕は何だか得をした気分ですが、サラリーマンの方は逆の感想になるのでしょうか。 うるう年ですが、オリンピックはあまり興味がないですねぇ。東京オリンピックには意地でも興味を持ってやるもんかと思っていましたが(笑)、歳を取るにつれてスポーツ観戦(する方も)に興味がなくなってきました。多少の興味があるのは、F1の角田選手、MLBの大谷選手とNFLダラス・カウボー

メジロ

今朝家を出たら、隣家の人から「鳥が死んでいるから何とかしたって」と言われました。 見ると互いの家を挟む道路に鳥が倒れている。 で、触ると生きているんですよ。さて、どうしたものか。 野鳥(後で確認したらメジロでした。初めて近くで見た)なので、本当は保護はできない。一時的な治療目的なら良いのだろうけれど、野鳥の治療は難しいです。実際、したことがない。 しかも、うちは何処に行っても猫だらけなので、保護す

bottom of page